• ホーム
  • 当院の施術について
  • 改善例・患者さんの声
  • 施術コース・料金
  • 店舗紹介
  • ホーム
  • 症状別の原因と施術
  • ぎっくり腰の原因と施術方法

ぎっくり腰の原因と施術方法

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰とは、腰痛症が筋肉の慢性疲労が主な原因であることに対し、こちらは急性的痛みを引き起こすもので「急性腰痛症」と称されています。
重い荷物を持ったり、中腰から立ち上がったりなど、急な動作が引き金となり、腰に激しい痛みが走るということがおもな症状です。

ぎっくり腰で痛めてしまうと、仙腸関節の損傷として診断されることがあり、腰というよりは臀部(尻えくぼのあたり)に痛みがでます。
また仙腸関節の損傷は骨盤の上にある背筋が緊張して痛んだり、太もも後ろ側やふくらはぎに痛みやしびれが出ることもあります。

また、腰椎の損傷についてですが、

・骨盤の上にある腰椎(背骨)、腰の中心部が痛む
・背骨沿いの背筋が緊張して痛みが出たり、下肢が痛む
・背筋や筋膜の損傷があり、この場合は背筋やその筋膜が一番痛む

ことがあげられます。

ちなみに、ぎっくり腰になってしまった時は最初の3日間ほどを上手に乗り切ることが大切になります。 最初に無理すると痛みが増してしまうので、とにかくじっと安静にするようにしましょう。 ぎっくり腰は当院のような治療院(専門家)に診てもらうのが一番確実ですが、それができない場合は、まず氷水で冷やしましょう。
症状としては捻挫や肉離れのようなものなので、炎症にて熱を発するために冷やすことが大切です。

冷やし方としてはビニール袋で代用した氷のうに氷と水を入れ、出来る限り痛みの少ない姿勢で患部に30分ほど当て、2~3時間置きに一日に3回程度、3日間は続けると緩和されるでしょう。

ここで注意しなければならない点は、逆に症状を悪化させてしまうため、ストレッチや揉んだりは絶対にしないことです。
お尻が痛い場合は骨盤をさらしやゴムベルトで締め、腰椎や背筋の痛みが強い場合はさらしを巻くことをおすすめします。

当院の施術

ぎっくり腰になっている場合は、炎症を起こして痛みが出ていますので、その部位に押圧やほぐしをするような施術は出来ません。

施術法はオステオパシー(筋肉の緊張をとるため90秒以上該当部位に過緊張を与え筋肉の緊張や神経圧迫をとる方法)や動体療法(体を必要な方向に動かし、それと同時に筋肉の緊張や神経圧迫をとる方法)と、カイロプラクティックの矯正法が主になります。

痛みはなるべく出ない施術法を使用しますので、ぎっくり腰の時でも安心して受けて頂けます。

受けた後は、スッと立って帰られる方がほとんどです。

[症状] ぎっくり腰

あの痛みが突然なくなる瞬間が今でも不思議です。

自分は結構痛みには強いほうですが、今回ぎっくり腰をやってしまい歩くのも困難だった状況ですが、院長の治療を受けて大変調子が良くなりました。

歩くのも辛くなくなり、仕事や家族サービスも楽々出来るようになりました。 あの痛みが突然なくなる瞬間が今でも不思議です。

また何かありましたら宜しくお願い致します。
(仙台市太白区 弓田様(仮名))

まだまだたくさんの改善例がございます!
営業時間 10:00~20:00
定休日 月曜日
住所 仙台市青葉区国分町一丁目6-15
奥田ビル3F
地下鉄南北線広瀬通駅より徒歩1分
TEL 022-797-4080

※当ビルの3階へはエレベーターをお使いください。
 膝や脚の痛い患者さまにもご負担をおかけしません。

ホームページをご覧になった方だけの特別割引